広告

【必須情報】健康食物を代表する10のヘルシー食品

food4

食べてますか? 10のヘルシー食品

私は糖尿病食事指導を一度だけ受けたことがあります。でも食品についての知識に欠ける栄養士が何を言っても説得力がなかった。大切なのはカロリー制限ではなく、まずヘルシー食品。そして運動量。メタボリック・シンドロームから2型糖尿病になることがホットな話題です。

現代人がメタボリックシンドロームになるのは、ある意味では正常な機能が裏目に出たことなのです。これを説明する「倹約遺伝子説」についてはまだお話したことがありませんが、メタボリックシンドロームの原点は食よりも運動不足なんですね。それに過食と食材の質の悪さが追い打ちをかけます。

なぜ、この食品があなたにいいの?

あなたの食べる物が「おいしくて」、からだに必要な「栄養素」に富んでいて、病気から体を守ってくれる成分がたくさんあれば言うことがありませんね。

アメリカを代表する病院のメイヨークリニック(Mayo Clinic)から、女性のためのヘルス情報としてお薦め食品トップ10の発表がありました。 皆、よく知っているものですよ。順序はアルファベット順です。優先順位ではありません。

■リンゴ(Apples)

日本のリンゴはまるで工芸品のように手間暇かけて作られますが、世界のリンゴはもっとシンプルな農産物で安価です。その分、財布を気にせずに十分に食べられます。

リンゴはアップルジェリーが作れるように、皮に多くのペクチンが含まれています。ペクチンは血糖やコレステロールを下げてくれる水溶性食物ファイバーの代表ですね。ビタミンCも豊富です。ビタミンCは糖尿病者の血管を守るだけでなく鉄分や葉酸の吸収を助けます。

■アーモンド(Almands)

桜の美しさは日本人だけが分かる風情だと思っていませんか? アーモンドの花は季節も、花の色も桜とそっくりです。日本の花見もいいけれど、マジョルカ(スペイン)のアーモンドの花もそれは見事ですよ。誰だって楽しみに待っている詩情です。

アーモンドの実は生(なま)で食べられます。食物ファイバー、リボフラビン(ビタミンB2)、マグネシウム、鉄、カルシウム、ビタミンEに富んでいます。

アーモンドオイルはオレイン酸に富んだ「心臓」に優しいオイルとしても有名。アーモンドは特に低ナトリウム食品です。100gでナトリウムが140ミリグラムしかありません。だからアーモンドを油で揚げて塩をまぶしてはいけませんね。アーモンドは殻をむいて生で食べられることを覚えておいてください。

■ブロッコリ(Broccoli)

ブロッコリは抗ガン食品として有名ですが、糖尿病や心臓予防の食品として知られています。ブロッコリはイタリア生れのキャベツの仲間なんです。抗酸化物質のベータ・カロテンやビタミンCもたくさんありますね。

■ブルーベリー(Blueberry)

おいしくて低カロリー、抗酸化物質が豊富なベリーです。記憶力の改善と視力の回復、加齢予防としても愛好者が多いですね。

■赤い豆(Red beans)

日本語の「あずき」は国際語ですが、この赤い豆は「あずき」とは別のものです。キドニービーンズと言って、日本のうずら豆よりも少し固めでしっかりしたものです。低脂肪の食品で抗酸化物質に富み、タンパク質、食物ファイバー、銅が豊かです。鉄、マグネシウム、リン酸、カリウム、サイアミン(ビタミンB1)が豊富です。

■さけ(Salmon、サーモン)

背の青い魚の代表で、不飽和脂肪酸オメガ3の宝庫です。心・血管系を守る脂肪として知られていますね。出来たら養殖ものではなく、天然のサーモンを召し上がれ。水銀などの有害物質が少ないからです。

■ほうれん草(Spinach)

ポパイの鉄分も知られていますが、それは意外にたいしたことがありません。カルシウム、葉酸、マグネシウム、リボフラミン(ビタミンB2)、ビタミンB6、ビタミンCが含まれています。ホウレン草は体の免疫機能を高め、ある種のガンを予防できそうです。

■さつまいも(Sweet Potatoes)

さつまいもがスーパーフードというとイメージがわかない人がいるでしょうね。でも黄色い色素カロテンが多いさつまいもをベスト1に選ぶ栄養学者が多いのですよ。完全食品なんです。このベータカロテンは自然の抗酸化物質ですし、ビタミンCは特に多く、食物ファイバー、ビタミンB6、カリウムが豊富です。低脂肪で低カロリー食なんです。

■野菜ジュース(Vegetable Juice)

手軽に野菜のエッセンスを取れます。野菜のビタミン、ミネラルその他の栄養素です。低塩のものを選んでください。

■小麦はい芽(Wheat Germ)

小麦はい芽は小麦の栄養素のかたまりです。一日大スプーン2杯の小麦はい芽はすばらしいサプリメントになります。サイアミン(B1)、葉酸、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛が特筆できます。加工品が製粉会社から出ていますので、シリアル、ヨーグルト、サラダ等にふり掛けてください。パンやクッキー、マフィン等にも合いますよ。

広告