広告

女性のための5つの育毛方法

24643382_m

髪は肌の一部

体の中で、最も大切にされている毛でもあります。この毛髪を美しく保つには、毎日のケアが不可欠と言えましょう。正しいケアを続ければ髪は美しく輝いていられるのです。

髪を増やす方法として、2つの方法があります。1つは、これから生えてくる髪に対して行う方法 2つ目は、今生えている髪に対して行う方法です。 育毛は、2つ目の今生えている髪に対して行う処置、方法の事を指します。

髪を育てる

髪をケアするには、先ず髪を育てている頭皮のことを理解しなければなりません。頭皮とは、文字通り頭の皮膚の事です。専門的に言うと「スカルプ」と言います。この頭皮は、今アンチェイジングへの関心とともに、髪を育てる頭皮にも関心が高まっているようです。

ある意味では、髪は頭皮の付属器官ともいえ、髪は頭皮を保護する役目を持っています。髪は頭皮から生えており、頭皮が健康であれば、健康な髪が持続できるということです。

マッサージと洗髪

例えば、シャンプーする場合、髪を洗うというイメージが一般的ですが、実際は、頭皮を洗うということです。シャンプーと言う言葉の語源は、ヒンズー語で「マッサージする」という意味の「チャンピ」と言う語です。この語源から考えても髪と頭皮は、密接な関係と言わねばなりません。このシャンプーするということは3つの役割があります。

1頭皮と髪を清潔にする  2頭皮の血行を良くする  3シャンプー後に使用するリンスや、トリートメントや育毛剤の効果を高めるための、頭皮環境の改善などの役割です。

髪は、肌と同じで、サイクルで生まれ変わります。2~6年かけて成長し、やがて寿命を迎え、2~3週間ほどで活動を停止し、休止期に入り、やがて頭皮から髪は抜けおちてしまいます。これらを繰り返しながら髪は生え変わってきます。これを「ヘアサイクル」と呼んでいます。

スカルプケア

最近よく「スカルプケア」という言葉を耳にします。頭皮のケアのことですが、ダメージヘアが増えた今、スタンダードなヘアケアとなっています。髪が生えてくる頭皮ケアは、女性の育毛にとって大変重要な事と言えましょう。このようにヘアケアの基本は、毛髪自体を守ること(水分の補給・保湿)と、毛髪を育てる頭皮の状態を良好に保つ(シャンプー)ことの2つが重要な事と言えましょう。

育毛剤の選び方

現在育毛剤も数多く市販されていますが、選び方が重要です。育毛剤は、化粧品と医薬部外品の2つがあります。化粧品としての育毛剤の効能は、フケ、かゆみを抑えること。頭皮、毛髪に潤いを与え、健やかに保つことなどがあげられます。一歩の医薬部外品の育毛剤は、育毛,養毛、薄毛、脱毛の予防、毛成促進、発毛促進などの効能があります。

つまり育毛剤を選ぶには、有効成分がきちんと入っているかどうかが基本となります。これらを見て言えることは、髪の育毛には頭皮の健康が最重要課題と言えましょう。以上の育毛の方法から、大切なアイテムとして、 1正しいヘアケア 2正しい頭皮ケア 3頭皮環境の改善 4正しいシャンプー 5正しい育毛剤の選び方などがあげられます。

広告