広告

婚活パーティのマナー五つの心得

婚活パーティのマナー五つの心得

婚活パーティのマナー五つの心得

「婚活」とは、結婚活動を略したものです。結婚活動は、就職活動のアナロジーとして造られた言葉です。より良い就職をするため、情報を集めたり、面接用にリクルートスーツを揃えたり、様々な就職のための活動をします。これを「就活」と呼んでいます。

同じように、より良い結婚を目指して、合コンや見合いなどを行い、積極的な結婚のための活動を行う人が増えてきました。それらを総括して「婚活」と呼んでいます。

この就活をサポートするものとして、ハローワークを始めとして数多くありますが、婚活をサポートするものは、ほとんどないというのが現状です。そうした中に誕生したのが「婚活パーティ」と言えましょう。

男女が同じ目的を以て、気軽に出会い、将来の伴侶を決めようとする大事な出会いの場です。女性にとっては、男性との関わり合いの中で、マナーを問われる場でもあります。婚活パーティでの七つの心得さえ会得すれば、男性の好感度を得ること間違いなし、「女性の皆さん、自信を以て狩りに出よう!」ここでは、一番一般的な立食パーティに参加する時の7つの心得を会得してください。

服装

初対面の男性はあなたの「身だしなみ」に注目しています。過度なカジュアルスタイルは避けた方が無難です。清潔感のある、若々しい、季節感のあるファッションであれば、好感度間違いナシ。超ミニスカートや、胸の大きく空いた装いはNGです.

コミュニケーション能力

相手に関する気遣いの心が大切でしょう。パーティは、出会いと会話を楽しむもの、一人の人とばかり話していたら、せっかくのチャンスを逃してしまいます。自分から積極的に、コミュニケーションをとりましょう。

トーク

自分の自慢話を長々とするのはNG,自己中心の人と思われます。あいづちをしっかり打つなど聞き上手になることが大切です。 ぽつんと立っている人、数名のグループなどに、「ご一緒していいですか?」と声をかけ、自分から話しかけるのも良いでしょう。

立ち居振る舞いは優雅に

会話中も前後左右に、気を配って、特に後ろは要注意。突然振かえって、洋服を汚したり、相手の服を汚したりする場合があります。 そして椅子が壁側においている時、座って食べない方が良いでしょう。

料理を取るときのマナー

立食の場合、少量を何度も取るのが基本です。料理の味が混ざるような取り方は、無粋な取り方とされています。料理を取るときのマナーは、フルコースと同様、前菜、メイン、デザートと進むのがマナーです。連れの分まで料理を取っている人を見かけますが、料理の取り分は自分だけ、これが立食の基本です。

ただし男性が女性の分を取ってあげる場合はOKです。以上婚活パーティ時のマナーを挙げてみました。しっかり身に付け素晴らしい男性をゲットしょう。

広告