女性に実は嫌われてしまうコミュニケーション術

holding-hands

そのアプローチ、実は女性に引かれているかも?

自分の武勇伝を得意げに語る男性って…

男なら誰しも、女性にカッコよく見られたいと思うものです。そのため、好きな女性の前であれこれと過去の武勇伝を熱く語ってしまう男性が少なくありません。本人はそれで満足かもしれませんが、当の女性にしてみれば興味のない話をだらだらと聞かされるのは実に迷惑な話です。

特に不評なのが、反抗期の思い出や仕事の自慢話です。自分のすごさをアピールしたがっているのはよくわかりますが、得意げに語っている表情を見ていると褒める気がすっかり失せてしまいます。大半の女性は適当に相槌を打って聞き流しているのが実情です。

「出る杭は打たれる」という格言があるように、日本では目立ちたがり屋の人は嫌われやすい傾向にあります。自分をアピールすればするほど周囲の人は引いていきます。むしろ、寡黙で仲間を背中で引っ張っていくようなタイプの人の方が信頼されるというものです。

女性に好かれたい方は、押すばかりではなく引くことも覚えましょう。人の長所は、本人から聞かされるより第三者から聞いたほうが心に響きます。日頃から周りの仲間との信頼関係を大切にしていれば、必ずや女性はあなたのいいところに気づいてくれるでしょう。

元カノを悪く言うのはNG

女性遍歴の多い男性は、過去につき合っていた女性を引き合いに出して目の前の相手を褒めようとします。「○○さんより君の方がすてきだよ。」と言えば相手が喜ぶと思っているのでしょうが、このテクニックにはあまり感心しません。

そもそも女性は男性が思っているよりもプライドが高く、他人と比べられることをうれしく思いません。むしろ、不快に感じることでしょう。自分を褒めるためとはいえ他の女性の悪口を言うなんて…と白い目で見られる恐れがあります。

それに、元カノを平然と悪く言うということは、その人とつき合ったら自分のこともあとで悪く言われる可能性があるということです。そんな人とつき合いたいとおもう女性がいるでしょうか?確実に敬遠されてしまいます。

常識的に考えれば逆効果なことはすぐにわかるはずなのですが、こうしたアプローチをひたすら繰り返す男性が少なくないのが実情です。かといって「やめて欲しい」と言うわけにもいかないので、たくさんの女性が心の中で我慢し続けているのです。

恋愛は男女の信頼関係があって初めて成立するものです。自分の言いたいことを一方的に押し付けるのではなく、相手の気持ちを考えてあげることも大切です。自分のアプローチが相手を不快にさせていないか、時には立ちどまって自分の行動を見つめなおしてみましょう。自分を客観的に見ることができるようになれば、もっとストレートに女性と親しくなれるはずです。