広告

あなたは大丈夫?結婚したくなる人とそうでない人3つの違い

15042659_mそれなりに容姿もスペックもある、恋人もすぐにできる、けれど結婚までこぎつけることができない。そんな人が最近増えているそうです。誰にでも好かれ、バリバリ働いていて、コミュニケーション能力もある。それなのに結婚までたどり着けない人は、ふだんのちょっとした行動に理由が隠れていることがあります。ここでは思わず結婚したくなる人とそうでない人の違いをいくつか紹介していきます。これに気をつければあなたも意外とかんたんにゴールインできるかも?

一緒に物事を楽しめる

コミュニケーション能力のある人にありがちなのが、相手をもてなすことに集中しすぎるあまり、自分が楽しいかどうかを置き去りにしてしまっていることです。聞き上手で気がきく人は素晴らしいですが、相手からすると「本当に楽しいのかな?」と不安になってしまいます。結婚に踏み切るかどうかの決心にはこうした小さな不安がブレーキになってしまうことも珍しくありません。相手と一緒に自分も楽しみ、自然に幸福感を醸し出せる。こういう人ほどはやく結婚に結びつきやすいのです。

交友関係が広すぎない

こちらもコミュニケーション能力が高く、友人が多い人にありがちな失敗です。人当たりがよく性別に関係なく友人が多い人は結婚もしやすいように見えますが、付き合う相手からするとそれが不安の原因にもなります。交際相手からしてみれば、どんどん外へ出て行って交流を深めようとする人は頼もしくはあるけれど、いつどこで浮気されてしまうかもわからないという不安と戦わなくてはなりません。いろいろな人と交流するのも良いですが、パートナーを不安にさせない心配りも大切です。

素直に弱みを見せられる

愚痴をこぼす人、ネガティブな人は嫌われやすいですが、逆にまったく弱みを見せようとしない人も相手を不安にさせるものです。完璧な人と付き合う相手が思うことは「この人は本当に自分を必要としているのだろうか?」ということです。つらいとき、苦しいときは素直に相手に弱みを見せて頼りましょう。結婚を決心するときの決め手になるのは、お互いがお互いを必要としているという意識です。プライドを捨てて自分をさらけ出してこそ、絆も深まるというものです。

最後に

「できる人」ほど結婚は簡単そうに見えますが、いざ付き合って結婚に踏み切るかどうかの段階になると、意外なポイントが結婚のさまたげになるものです。なんで結婚できないのか自分でもわからない、という人は、少し肩の力を抜いて自然な人間らしさを出せるようにするとうまくいくかもしれませんね。

広告