広告

自信がない人に対する3つの処方箋

19728218_m自分に対する自信がない…とお悩みではありませんか?自信が大きく欠如してしまっている場合、他者に対するコンプレックスなども大きく刺激されることが多々あるため、どうしてもネガティブな考え方に陥りやすくなってしまいます。これにより、プライベートや仕事・勉強にも悪影響を及ぼすことが考えられますので、自信を身に付けることは人生の上で非常に有意義なことであると言えるのです。では、何をすれば自信を得ることができるのでしょうか。

自分のために行動して自身を身に付ける

自分に自信が持てないという方に共通しているのが、「自己評価が低い」という点です。他者の意見や感情に拠り所を見出している人々も多いため、まずは、本来の自分が何をしたいのか、何を好み・何を嫌うのか、などを明確にして行く必要性があります。

自分の欲求を正確に満たすことが自信を獲得するためには大切なことなのです。「認められるために他者が望む行動をしよう」という考え方から、「自分がこうしたいからそうする」という考え方にシフトするよう心がけましょう。

泣いたり笑ったり怒ったり、ときには思いっきり感情をあらわすことも有効。人がいるとどうしても自分を隠してしまう…という場合には、映画などを見て発散させる方法もお勧めです。

目標を立てて自信を身に付ける

自信は、自己に対する肯定から身について行きます。特に、何かを達成したときに自分を認める気持ちというのは、非常に大きな力となり得るのです。ですから、是非、何らかの目標を立ててみてください。あくまでも、「自分に対する目標」ですから、どんなものでも良いのです。

例えば、明日は外に出て一人でカフェに入ろう、部屋の荷物を整理してみよう、など、今までの自分に少し変化をもたらせるようなことをイメージするとやりやすいかもしれません。どんなことでもそうですが、いきなり大きな目標を掲げてしまうと達成が難しくなってしまいますので、こなしやすい目標から立てるようにして行きましょう。

自分の良いところ・素敵なところを探して自身に変える

自分から見て、ここは褒めてあげられる!というところを探しましょう。「そんな部分はない」とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、探せばきっといくつも素敵な部分があるはずです。「人に優しくできる」「ごはんを残さず食べる」…どんなことでも大丈夫。自信は、自分に対してきちんと優しくすることで必ず手に入れることができますから、ゆっくりと心をときほぐして行きましょう。

広告