【パニック障害】あなただけじゃない!多くの人が経験・克服しているもの

mind5

パニック障害の診断・原因・治療・克服

パニック発作が起きると、目の前が突然真っ暗になり、強烈な不安感が押し寄せます。心臓の鼓動がどんどん早まり、締めつけられるような胸の痛みが……。発作が起きた本人は、突然この世の終わりがやってきたかのように錯覚してしまいます。

「パニック障害」はこのようなパニック発作を主症状とする心の病気です。パニック障害の特徴、原因、症状について詳しく解説します。

パニック障害の特徴・症状

パニック障害は若い女性に多い疾患で、一生の罹患率は1~4%。最初のパニック発作は通常、何の前触れもなく突然やってきます。症状の内容には個人差がありますが、以下のような症状が急速に出現し、10~15分持続します。

動悸 胸が締めつけられるような痛み 手足の震え 顔面の紅潮 発汗 呼吸が苦しい 気が遠くなる 自分が周りから切り離されたような離人感 自分をコントロールできなくなるような恐怖感 死の恐怖

パニック障害では、繰り返されるパニック発作のために、日常生活に多大な支障が生じます。発作時に助けを求めにくい場所を極度に恐れる「広場恐怖」が多く、場合によっては、発作を恐れるあまり外出できなくなってしまいます。

パニック発作自体は、パニック障害以外にもさまざまな状況で生じることがあります。例えば、アルコール依存症での飲酒中断時や甲状腺機能亢進時などでもパニック発作が生じることがあります。また、特定のモノに過剰な恐怖を感じた場合。例えば、ゴキブリ恐怖症の人が思いがけずゴキブリに遭遇してパニックになった場合、それは恐怖症の症状となります。

パニック障害の原因

パニック発作が生じる背景には、忙しい生活からくる精神的圧迫感や恋人とのトラブルなど何らかの心理的葛藤がある場合もありますが、最も大きい原因は生物学的要因です。普通なら恐怖反応が生じるはずがない状況で、あたかも海水浴場でジョーズに遭遇したかのような強烈な不安反応が起こってしまうのは、脳内の神経科学的環境に何らかの問題が生じているためです。

具体的にはノルアドレナリン、セロトニンなど脳内神経伝達物質の働きに異常があり、ノルアドレナリン作動性の神経核である脳幹の青班核、セロトニン作動性の神経核である延髄の縫線核と呼ばれる部分に、何らかの問題が生じているためと言われています。

とはいえ、パニック発作の症状自体は、あたかも心筋梗塞が起きたようなもの。患者さん自身は心臓などに重大な問題があるのではないかと疑ってしまいます。症状の原因が身体的要因によらないことを確認することはとても重要ですが、症状の原因が脳にあるとはなかなか思いにくいようです。精神科を受診してパニック障害の治療を開始するのは、どうしても遅れてしまう傾向があります。

パニック障害の主な治療法

パニック障害の主な治療法は薬物療法と心理療法。薬物療法では脳内環境を正常化させることで、パニック発作を抑え、心理療法では発作がもたらす不安、恐怖感に対処します。

薬物療法によるパニック障害の治療法

パニック発作では強い息苦しさや胸の痛みを感じるため、心臓発作を起こしたと感じることも多いようです。実際は心臓ではなく、脳内の神経科学的な環境が原因している病気。薬物療法で、原因となっている脳内環境を正常化させることで抑えることができます。

具体的な治療薬は各個人との相性を見ながら見極める必要がありますが、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)など、脳内神経伝達物質の1つであるセロトニンを調節する治療薬などが使用されます。

パニック発作の再発を起きにくくするためには、治療期間は症状消失後もかなりの期間、継続する必要があります。個人個人の症状の状況によりますが、1年近く薬物療法を行うことが望ましい場合もあります。

心理療法によるパニック障害の治療法

パニック発作そのものは、通常は薬物療法で抑えることができます。しかし発作が起きなくなった後も、パニック発作自体に対する不安や恐怖感に立ち向かうために、認知行動療法などの心理療法を受けることが望ましいです。

具体的には、発作への恐怖を増幅させるような思考の歪みを矯正し、より合理的に自己の症状を理解するようにします。場合によっては、パニック発作中に現われる息苦しさやめまいなどの違和感を、生命に危機をもたらす重大な刺激と誤解しないように簡単な訓練をすることもあります。例えば、めまいでパニックを起こさないように、自分の座る椅子を回転させてみて、めまいの状態に慣れるなどの宿題が医師やカウンセラーから与えられるでしょう。

治療の第一歩は、パニック障害を疑うところから

パニック障害の大きな問題点として、最初のパニック発作から実際に精神科を受診するまでに、かなりの時間、場合によっては数年以上経過してしまうことも少なくないことが挙げられます。例えば、症状を他人に秘密にしていて我慢してしまうケースを始め、心筋梗塞のような自覚症状があるため、原因が脳にあるとは思わず、何度も心臓の検査ばかり受けてしまうなど身体的問題ばかり精査してしまう場合もあります。

パニック障害はうつ病などの心の病気と同様、早期治療が良好な回復の第一条件。もしもパニック発作のような体験があった場合は、ぜひ一度精神科(神経科)を受診するようにしましょう。