【時給3000円も】みんな知らない副業向き高収入バイト10選

● 巫女

神社にて絵馬やお守りを授与したり、巫女舞を披露したりする奉仕になります。神社で働くことになるために、仕事の事は奉仕と言い、アルバイトの巫女は、常勤の巫女に対して、助勤(じょきん)巫女と呼ばれます。助勤巫女の募集は、年末年始などにされることが多く、土曜、日曜、祝日など、神社に人が大勢訪れる時には助勤巫女の出番が多くなります。

仕事の内容は、お守りや絵馬、そのほか神社で扱っている様々な物などの授与がメインとなりますが、このほかにも案内所や御神酒所などで参拝客の対応をしたり、甘酒などの振る舞をしたりすることもあります。結婚式を担当するような場合には、神事の補助をし、巫女舞を披露することもあります。もちろんこうした場合には、事前に練習などをする必要があります。年末年始の奉仕では、夜通しで対応することがほとんどで、寒さと忙しさに対しては相当の覚悟が必要になります。

結婚式での対応では、一生に一度の場に立ち合うという事で、相当の緊張感があります。巫女という立場から、服装、身だしなみ、姿勢、振る舞い、言葉遣い、そして何より笑顔での対応というものを強く求められることになります。近年では、外国からの観光客が、日本のシンボリックなものである神社に興味を持ち、参拝することが多いため、英語での対応ができると重宝されます。もちろん、国内からの参拝者であっても、神社の歴史や成り立ちなどについての質問をされますので、こうした部分はしっかりと覚えておかなくてはなりません。常勤巫女であっても、助勤巫女であっても、神社においては顔となる存在ですので、そうした部分をしっかりと踏まえることができる心構えが必要になる仕事になります。助勤巫女の給料は、神社によって様々ですが、日給であれば1万円弱、時給では1000円前後になります。 6456Source: http://photohito.com/photo/3036813/