【お金が貯まる】みんながやってるおもしろ貯金10の方法

1.5週間貯金

一カ月はおおよそ4週間とあまり日数になっていますので、これを5週間と定めてお給料などを5分割してやり繰りをし、余ったお金を貯金する方法です。4週間分割でもいいのですが、あまりの日数の調節が難しく、また、お金の管理に空白期間があると、そこでルールの扱いがずさんになり徹底できなくなってしまう事があり、そのコントロールがとても難しくなります。しかし、5週間分割であれば、管理の空白期は生まれませんし、確実にお金が余ることになりますので、安全な生活を守りながら、なおかつ貯金を生み出していくことができるのです。

5週間分割貯金で最も簡単で分かりやすいやり方は、封筒貯金を組み合わせる方法になります。お給料が入ったら、ここから決まった日に支払う保険料や光熱費などを除き、毎日の生活に掛かる食費や日用品の費用だけを繰り出して、5等分にして封筒に分けてしまうのです。こうすることにより、一カ月5週間貯金のペースを守ることもできますし、一週間ごとのサイクルが出来上がるので、家計簿などのチェックも簡単に行うことができます。一週間の封筒の中であまりのお金が出た場合には、すぐに貯金に回すか5週分目の封筒に入れてしまいます。万が一マイナスが出てしまった場合には、次の週の封筒から補てんをするようにし、次の週でそのリカバリーを行うようにします。

こうすることで、貯金をなるべく残したまま、手持ちの封筒内でのやりくりを心がけることができるために、5週分の封筒にお金が多く残り、結果として貯金が増えていくのです。また、開始日を月曜日から初めて日曜日を締日としておくといいでしょう。日曜日は買い物などに行くとまとめて買ってしまう傾向が多く、このついついの買い物を防ぐために、日曜日には残っているお金を使い切るという気持ちでいけば、ストレスなく次の週へとつなげることができます。この貯金を一年続けることができれば、おおよそ1ヶ月から2か月分ぐらいの貯金を作ることができるのです。 454Source: http://thebase-shop.com/items/thepark.thebase.in/1590014/