広告

【お金が貯まる】みんながやってるおもしろ貯金10の方法

「お金を貯めたい!」と誰もが思いますよね。景気の動向は上昇傾向にあると言われ続けて久しいですが、実際の生活でそれを実感することはあまりなく、また現実として政府が経済政策で四苦八苦していることは、ニュースなどを見ていても一目瞭然でしょう。こうした先行きが不透明の世の中では、どこかに旅行へいったり、高い買い物をするにしても、まず貯金をしてからという考えになりますし、また、将来の事を考えて少しでも貯蓄をしておきたいと考える方も多いと思います。

でも、貯金というものはなかなか難しく、思い立って始めてみてもなかなか続かなかったり、挫折して使ってしまったりと、自分の考えたようには貯まらないものでもあります。行動心理学の観点から人間を見ていくと、「目先の喜びを優先する」「行動を最小限にしたがる」「損失することを嫌う」という傾向があり、これがそのまま貯金ができない理由に当てはまります。お金を貯める理由があっても、目先に楽しい体験や美味しいものなどがあればそれを最優先するという心理が働き、貯金よりも目先の喜びを優先させてしまい、ついお金を使ってしまう事になります。

また、お金を貯めるための手続きや手間が多くなれば、それを少しでも回避して楽をしたい、自ら行動をすることは労力で損失だという心理が働き、苦労をしてまで貯金をする必要ないだろうと考えてしまい、貯金を行わなくなります。さらに、自分が得られるべきものが減ると強い苦痛を感じる心理が働くため、貯金をすることで未来に有益がうまれることが分かっていても、目の前の給料が減ってしまい使える金額が少なくなるという損失の苦痛に耐えられず、貯金を放棄してしまうのです。貯金をするためには、人間であれば誰しもが持つ、こうした行動心理を自分自身で上手く騙していく必要があるのです。そんな中で、今回は楽しみながら、時には自分自身をだましながら行える、一風変わった面白いお金の貯め方を紹介します。 534

広告