広告

【利用注意】ネット詐欺多発のトップ12

2.ネット通販

ネット通販は、インターネットの最大の利点である「マッチング能力」を最大限に利用したものの一つでしょう。通常では売れない物、買えない物を、ネットを介してマッチングし、売り手と買い手を引き合わせて交渉を成立させる、というこの特性は、個人に限らず企業や団体にも大きな恩恵をもたらしていますが、相手が見えない、現物を確認できない、という事から、トラブルの温床になっていることも事実です。

通販を利用してお金を振り込んだけれども、品物が届かずに音信不通になる場合や、海外の場合には、買った品物がいわゆる偽ブランド物で国内に輸入されず税関から通達が来るケースもあります。極端に安いものや海外からの出品の場合は、支払い方法などをしっかりと確認し、初めて購入するショップなどでは、代引きやコンビニ後払いなどを利用し、用心に用心を重ねて購入した方がよいでしょう。

こうしたネット通販の詐欺に遭ってしまう人たちは、日ごろからネット通販を利用する機会が多く、こうした売買方法に抵抗がないケースが多いと言われています。ネット通販では顔の見えない相手から、現物を確認できない商品を買う事になりますので、品物だけではなく、出品先の確認や状況など、常に疑いの目をもって確認する必要があります。また、近年では、ネット通販の利用者宛てに間違った商品をワザと送り、それを転送させるという手口で大量の大麻を密輸したという事件も起きていますので、今後ますます注意をしておく必要があるでしょう。 567546Source: http://オシャレファッション.com

広告