広告

知らないと損 3つの損害保険知識

11103633_m損害保険は自然災害や事故など様々な場面で損害を受けたときに保証してくれる保険です。生活をしているとトラブルは思いがけずやってくるものですので、万が一に備えて加入している人も多い保険です。基本的には損害保険は2種類でノンマリン保険と呼ばれる自動車保険、火災保険のもの。マリン保険と呼ばれる貨物保険や船舶保険があります。日常的に使うのはノンマリン保険の方が多いと思いますので、ノンマリン保険についてのお得情報をご紹介していきます。

火災保険の場合

火災保険は自宅が地震や火事などにあった場合それを保証してくれる保険です。ここで注意しておきたいことは火災保険にも様々な種類があり、地震によって被害があったのか、火事によって、台風によってなど被害状況だけではなく、被害にあった種類によっても保証できる範囲が変わってきます。そのため、できるだけ全ての自然災害に対応している火災保険に入ることをお勧めします。また、火災保険では損壊具合によっては保険が下りないこともありますので、少しの損害でも降りるような保険に入っておきましょう、やはり火災保険でのトラブルが多いのはこの損害具合によって保険が下りないということです。そうならないためにも大きく範囲をカバーしている保険に入ることをお勧めします。

自動車保険の場合

自動車保険の場合は、?事故を起こしたときに自損事故に入っているかが大きなポイントになります。この自損事故は自分が原因で起こした事故でも保証してくれるというものであり、例えば自分の不注意で相手の車に当ててしまって自分の車の大破した、自分の不注意でガードレールにぶつかってしまったなどといった場合に保険がおります。保険料は上がってしまいますが、自損事故の保険に入ることはお勧めです。特に運転に慣れていない人は入ることを検討してみてください。

保険を使うかどうか

保険を使いますと保険料は上がります。そのため、損害を受けても保険を使わずに自分で治してしまったりする人も多いようです。基本的な考え方としては、自分で治せる範囲は保険を使用しないほうが良いということです。保険料が上がってしまいますと、どうしても保険料に対する保証の割合が下がってしまいますので注意しましょう。ちょっとした事故などは自分で治すぐらいの気持ちでいることが大切になってきます。 しかし、日本人は保険は使うのは申し訳ないと思う人が多いようですが、やはり自分で支払うとかなり負担が大きい場合は保険を使うようにしましょう。

広告