定期保険の特徴と仕組み4段階

11920467_m定期保険という名前を聞いたことのある人は多いかと思いますが、その実態を知っている人は少ないのではないでしょうか。ここでは実際に定期保険がどのようなものなのか、その特徴と仕組みをご紹介していきますので、是非参考にしてみて下さい。

定期保険の仕組み

定期保険はある一定の期間について保証するというもので、主に死亡したときに保険金が支払われます。その期間は契約時に決められるものです。1年からある短期の定期保険から、50年以上の長期の定期保険など期間は様々あります。また、保険料は基本的には掛け捨てですが、中には貯蓄性のあるものもあります。

定期保険の特徴

定期保険の特徴としては、その保険料掛け額の安さが挙げられます。通常の生命保険と比べても非常に安いことが多いですので、出費を極力おさえることができます。また掛け額が少ないことに対して保険料が安くなるという訳ではありません。 死亡した場合でも通常の生命保険と同様なぐらいの保険料がおりますので、万が一の場合でも安心できます。 また、基本的には年齢が高ければ高いほど掛け額は高くなりますので、注意しておきましょう。

定期保険をお勧めする方

・法人、個人事業主の方 法人や個人事業主の方は定期保険はお得です。保険料は経費として認められることが多いです。定期預金の特徴としては長期の定期保険の場合は法人や個人事業主の方が多いのが特徴です。

定期保険は組み合わせが多い

定期保険はいろんな保険と組み合わせて契約される方が多いのも特徴的です。終身保険に組み合わせたり、養老保険と組み合わせたりしてセットにして契約される方も多くのいらっしゃいます。

このように定期保険は他の保険と比べても掛け捨てが多く、保険料が安い、期間が最初からきめられてある、などの特徴があります。また、定期保険に入られる方の大半は多くの場合はセットで入る方が多いのも特徴です。

また、最近では、掛けてきた保険料を年金に合わして一定期間分割で受け取れる方法もあります。これは年金が少なくなっている今、非常に人気になってきているもので近年多くの人が申し込んでいる定期保険のひとつです。

掛け捨てではない場合は保険料も上がってきますので、そのあたりは十分に事前に確認しておくことにしましょう。よくあるトラブルとしては貯蓄型の保険だと思っていたが、実際は満期になっても一部しか返ってこなかったりすることですので、しっかりと説明を聞いておきましょう。