広告

わんちゃんとの関係は人よりもむずかしい?今やってるNGだらけの飼い主たち

puppies犬を飼っている方なら誰しも犬と良好な関係を築きたいと願うものです。しかし、動物的本能に基づいて行動している犬は、人間とは異なる感覚で物事を判断しています。私たちが普段良かれと思ってやっていることが、ペットの性格を悪化させてしまう原因にもなり得ます。「ワンワン」と無駄吠えが多くなって、ご近所さんに申し訳なくて、どうしたら吠えクセが治るのかなあ、と悩んでいる方もたくさんいます。しつけに失敗しないためにはどんなことに気をつければいいのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

犬をだっこするのはNG?

私たち人間はかわいい動物を見ると、ついつい抱き締めて撫でたくなってしまいます。ちょこまかと小さな足を懸命に動かしながら走り回っている子犬を見て、だっこしたくなるのは飼い主として自然な欲求といえるでしょう。

しかし、犬に抱き癖をつけると、思わぬトラブルに発展してしまう可能性があります。その最たる例が、咬傷事故です。飼い主にだっこされている子犬を見た第三者が犬を撫でようとして手を伸ばした途端、犬がその手に噛みついてしまうケースがしばしば報告されています。

上下関係を重んじる犬は、すぐそばに飼い主がいると必然的に気が大きくなります。しかも、抱き締められている状態では逃げようと思っても逃げられないため、敵とみなした相手に噛みついて攻撃してしまうのです。

もちろん、犬をだっこすることが悪いと言っているわけではありません。両手でしっかりと抱きしめるだっこは最高のスキンシップであり、ペットとのコミュニケーション手段として非常に有効です。けれども、幼い頃から抱き癖をつけると、何でも自分の思い通りになると勘違いしてわがままな犬になってしまう可能性も否めません。

犬との目線

犬の性格は「目線の高さ」に比例するという説があります。だっこされた犬が凶暴になるのは目線が高くなるからだとか、寝ている時にお腹の上に犬を乗せると自分の方が立場が上だと勘違いして飼い主の言うこと聞かなくなるだとか、いろいろな意見が飛び交っています。

長年犬を飼っている私の意見としては、それらの考え方はあまりにも神経質すぎると言わざるを得ません。我が家ではいつも愛犬がお腹の上で寝ています。完全にペットに見下ろされている状態ですが、私が「どいて」と言えばちゃんと言うことを聞いてくれます。散歩の時でも、リードを引っ張って飼い主を困らせるような乱暴な振る舞いは一切見せません。本当に手のかからない良い子です。

それに、目線の高さで優位性が決まるというのなら、犬の上下関係がすべて体格に左右されることになってしまいます。しかし、小型犬と大型犬が同居している家庭では、むしろ小型犬の方がリーダーシップを発揮して大型犬を従えているケースが少なくありません。必ずしも目線の高さで犬の性格が決まるわけではないのです。

ただし、犬と幼児を一緒にするときは、若干注意が必要です。犬を高い位置にあげると、子供が攻撃されてしまう可能性があります。体の小さい子供と犬を遊ばせる時は、できるだけ犬の目線を下げたほうが無難です。

犬の名前を呼びすぎるのはNG?

飼い主なら誰しも、ペットに自分の好きな名前をつけているものです。犬にも人間同様学習能力がありますから、何度も名前を呼べばそれが自分の名前であるということを理解します。コミュニケーションのため、事あるごとに名前を連呼している方も少なくありません。

けれども、しかる時に名前を呼ぶのはあまり感心しません。犬が家具を引っかいたり噛みついたりしているのを見かけたときに、「ポチ!いたずらしちゃだめでしょ!」とついつい大声を上げてしまいますが、しかる行為と名前を呼ぶ行為を同時に行うと、名前を呼ばれるたびに「また怒られるのではないか」と犬が萎縮するようになってしまうのです。気性の荒い犬であれば、名前を呼んでも無視するようになることもあります。これでは、しつけになりません。

ペットの名前を呼ぶときは、えさをあげる、なでてあげるなど、犬にとって嬉しいことと関連づけることが大切です。犬は飼い主に褒められることを何よりも誇りに思いますので、お利口さんにしていたら目いっぱい名前を呼んで褒めてあげましょう。

以上のような対策を取ってもどうも効果がない方は、以下の商品を試してみるのもひとつの方法です。

広告