広告

【知らないと損!】借金ローンの時効ってどうなってるの

loans

借金の時効について

時効とは、法律上の権利が一定期間経過後に消滅することを指します。特に有名なのが、刑事事件における時効です。ドラマなどで、強盗や殺人事件に手を染めてしまった犯人が「時効まであと何日…。」とつぶやきながら警察から逃げ回っているシーンをよく見かけます。

一口に時効といっても様々な種類があり、必ずしも犯罪者に関する話題とは限りません。民事法にも時効があり、請求権を巡る訴訟でしばしば焦点になります。

その最たる例が、借金です。意外に思う方がいるかもしれませんが、借金にも時効が存在します。債権者(お金を貸した側)が一定期間回収を放棄していた場合、債権が消滅する決まりになっています。つまり、それ以後債務者(お金を借りた側)はもう借金を返済しなくてよいのです。借りたお金を返さなくて済むなんて嘘みたいな話ですが、紛れもなく事実です。

借金の時効はいつ?

それでは、具体的にどのくらいの期間で借金は時効を迎えるのでしょうか?それは、借金の貸主によって異なります。

商事消滅時効:金融機関・消費者金融などから借りた場合は5年 民事消滅時効:親族や友人・知人から借りた場合は10年

意外と短いことに驚かれた方もいるのではないでしょうか。しかし、借金の時効はこの期間が経過しただけでは完全には成立しません。時効の成立には、「主張」が必要となります。

時効の主張とは?

借金の時効が成立したことを相手方に主張することを「時効の援用」と呼びます。難しい言葉のように感じますが、通知文書を内容証明郵便などで送るだけです。先方の承諾は不要。援用通知が相手方に届けば、その時点で時効が成立します。

時効には中断がある!?

すでに述べたように、借金の時効は債権者が回収を放棄することで成立するものです。言い換えれば、貸し手が回収権の行使を再開した場合、経過期間が認められずに時効が「中断」される状態になります。

借金の時効が中断されるパターンとして、主に「債務の承認」、「裁判上の請求」、「差し押さえ」の3種類があります。その詳細を見ていきましょう。

●債務の承認 5年または10年の歳月が経過しても、借り手が自分に借金があることを認める場合は時効が中断されます。例えば、「ちょっとでもいいから貸した金を返してくれ。」と言われた時に1円でも支払ったら債務の承認が成立します。債務整理の一環で貸し手が借金を減額してくれる場合がありますが、その際に書面にサインした場合も債務の承認となります。

●裁判上の請求 借金の貸し手が裁判所に訴えた場合、時効が中断されて支払いの催促状が送られてきます。電話連絡の場合は時効の中断になりませんが、内容証明郵便での通知の場合には6ヶ月間だけ時効の成立が延長されます。その間に訴訟を起こせば、時効の中断が確立します。

●差し押さえ 借金の返済に充てるために給料や家財などを差し押さえられた場合も、時効が中断されます。

時効をあてにして借金するのはNG

「借金には時効がある」という話を聞いたら、多くの方はこう考えるのではないでしょうか。「借りられるだけ借りて、時効が成立するまで逃げ回ればいい」と。しかし、その考えは大きな間違いだということをここで断言しておきます。

借りた金を返すのは社会人として当然のマナーです。にもかかわらず、最初から返済する努力もしないで逃げるのは卑劣極まりない行為です。人間性を疑われるのはもちろんのこと、非常に不自由な生活を余儀なくされるでしょう。

それに、金融業者は取り立てのプロです。もしも金を貸した相手が逃げ出したら、回収のために地獄の果てまで追いかけてきます。たとえ期日までに完済できなくても、精一杯働いて返済しようとする態度を見せれば相手も温情をかけてくれるかもしれません。しかし、逃げた場合は向こうも容赦しないでしょう。かえって自分の立場を危うくすることになります。

現実的に考えて、借金の時効が成立する可能性は極めて低いと言わざるを得ません。お金を借りる際は、必ず返済計画を立ててから申し込むことが大切です。

広告