視力どこまで回復できる? 回復方法4つを比較

11457458_m近眼の種類によっても違ってくると思いますが一般的に近眼で目が悪くなった人がどういった方法でどのくらい回復できるのでしょうか。できれば手軽にお金をかけずにできる方法があれば嬉しいですね。それでは、視力の回復と効果についてまとめてみました。

手術(レイシック治療)の回復効果について

レイシック(角膜をレーザーによって治療するもの)治療ですが、手術後は個人差があるようですが大体1,0くらい見えるようになるということが多いようです。回復の効果についてですが、手術で回復したものが生活習慣などで視力が落ちることはあるようですが比較的長く良い状態が保てると言えそうです。

オルソケラトロジー(矯正コンタクト)の回復効果について

夜間寝ている時に矯正するコンタクトを付けて寝て視力を回復するものです。夜間コンタクトで角膜を矯正し、その日の昼間は裸眼で生活ができる状態と考えて下さい。矯正した効果は大体1日位だそうです。 効果的には短いですが、副作用的なものが少ないようです。また、近眼の度合いがあまり強くない人の方が適している治療のようです。

目薬によって回復効果について

目がゴロゴロするといった感じの方で物が見えにくい時の原因でドライアイがあるそうです。この場合ですと、目の水分量が少ない為目薬によって改善される場合があります。 この場合は医師で処方される目薬を使用することで改善されます。 ムチン配合分の目薬 ・ジグアス点眼薬 ・ムコスタ点眼薬   近視の予防などの目薬での瞳孔を開く目薬としてミドリンM(成分:トロミカド)があります。また、医師の処方によっての点眼薬として、アトロピン点眼薬(成分:アトロピン硫酸塩)があります。

※アトロピン点眼で近視予防 アトロピン、ミドリMついては副作用等もありますので、医師の処方に従って点眼の必要性がありそうです。   特に仮性近視の状態で目薬の治療が行われることが多いようです。ただし、目薬のみでの効果だけではなく、他の生活習慣やなどが大きく関連して回復されているようですね。 回復される方は50%だという説もありすね。

トレーニングによっての回復について

遠近療法が多く見られるトレーニング方法です。近くの物と遠くの物を交互で見ることで目のピントが合うようにする為のトレーニングです。 こちらも眼科医等でのものありますが、自分の日常的な動作の合間でも近くのものを見て次の瞬間遠くのものを見る動作を20回くらい繰り返すと良いそうです。こちらのトレーニングについては、比較的近視の度合いが低い方が効果的で、出来るだけ習慣的に行う方が良いようです。

おわりに 完全に視力が回復できるか、レイシックなどの手術などは回復されますが、手術しても生活習慣で再度目が悪くなると言った事があるので、現在の視力の改善には生活習慣や食べ物、目を疲れさせないようにすることによって予防することも大切かもしれませんね。

おまけ レイシックやオルソケラトロジーは一般的に保険適用がなく実費扱いですが、確定申告時の高額医療控除の対象になります。