広告

知っておきたい3つのがん保険情報

7641147_mがん保険には様々な保険がありますが、どの保険がいいのかわからないと悩んでいる方も多いと思います。また、すでにがん保険に入っている場合の方も参考にしてみてください。

すべてのがんが対象になるとは限らない

よくがん保険でありがちなのは、がんと診断されれば全てのがんが対象になるというわけではありません。これはよく起こるがん保険でのトラブルであり、利用者はがんになったのだから保険料が支払われると思い込んで、保険会社から支払われない結果通知が来てトラブルになることが多いようです。がんには様々な種類がありますが、特に上皮内新生物には支払われない、または一部しか支給されないこともありますので注意しておきましょう。がんのどんな種類に対応しているかもチェックしておくことが大切です。目を通すのは労力かと思いますが、大切なことですのでしっかり把握しておきましょう。

通院保証があるのか

がん保障の中には入院保障しかない場合もあります。がんにかかってから分かることですが、がんの治療に入院はかなり進んだ状態でしかありません。通常であればよっぽどの末期で無い限り通院で治療をすることがほとんどです。中にはがんと診断されたので保険が下りると勘違いしており、タクシーなどで通院して後で通院では下りないということを知ってタクシー料金の支払いに困ったという人もいらっしゃいます。

がん保障はお勧めです

昔はがんにかかると余命数か月などと言われていましたが、現在では薬が良くなっており、治療方法も進んできていますのでなかなかがんでは亡くならなくなりました。しかし、普段からがんに関わっていない人はがんと宣告されたら余命は後少し、がん保険はもったいないと考える人も少なくはありません。しかし、現在はがんと宣告されても数年生きている人も多いですので、がん保険は入っておくことをおすすめします。

がん保険を利用する際に一番注意しておきたいこととしては、自分の既往歴をしっかりと保険会社に連絡をするということです。既往歴の中にがんの発症リスクの高める病気があった場合は保険が下りないことも考えられますので、分かる範囲は全て保険会社に伝えるようにしましょう。また、保険の補償範囲やがんの補償内容までしっかりと把握しておきましょう。よく保険トラブルがあるのが、がん保障です。がんにかかった時にトラブルになってしまいますと心身共に疲れてしまいますので、トラブルが起きないように事前にしかりと確認しておきましょう。

広告