男力(おとこりょく)アップ!更年期障害は男性にも発症する?

one-man-two-women更年期障害は、中高年の女性を苦しめる代表的な病気です。何となくやる気が出ない、体がだるい、頭が痛い、熱が出るなど、様々な肉体的・精神的症状が現れ、日常生活に大きな支障をおよぼしてしまいます。

更年期障害の原因は、卵巣機能の低下による女性ホルモン・エストロゲンの分泌量減少にあります。ホルモンバランスが崩れるせいで、生体活動が急激に乱れてしまうのです。

それでは更年期障害は男性に無関係の病気なのかというと、そうでもありません。テストステロンという男性ホルモンが減少することで、男性にも更年期障害が発症することがあります。実際、近年では更年期障害を自覚する男性がとても増えており、一種の現代病になりつつあります。

以下の症状に心当たりのある方は、更年期障害に注意する必要があります。

□活力が沸いてこない □何となく全身がだるい □栄養を摂取しても疲労が回復しない □性欲が減退してきた □性的興奮を感じない □男性器が勃起しなくなってきた □視力が落ちてきた □記憶力が低下してきた □漠然と頭が重い

更年期障害対策にはエイジングケアが不可欠

いつまでも肉体を若々しく保つためには、日々のアンチエイジングケアが大切です。多くの女性は美容に気をつかっているのでスキンケアやヘアートリートメントを実践していますが、男性もメタボ解消のためのダイエットケアを心がけるべきしょう。

男性にとって困りものなのは、体調不良が仕事や日常生活に影響を及ぼすことです。視力の低下により物が見えにくくなれば、デスクワークや車の運転に支障が出ます。記憶力が低下して人の名前を思い出せなくなれば、営業マンにとって死活問題です。性欲の減退は夫婦間のコミュニケーション不足を生み、家庭内がぎくしゃくしてしまうかもしれません。体調をしっかり整えることこそが、男性のエイジングケアの目標です。

ビタミン剤や滋養強壮剤を飲んでもなかなか改善しないため、更年期障害対策を諦めてしまっている方も少なくありません。確かに、人体は加齢に伴って衰えていくものです。それは自然の摂理であり、絶対に止めることはできません。

けれども、適切なケアを続けることで、その進行を遅らせることは十分に可能です。「もう年だから…」と投げ出してはいけません。まずは、気持ちを強く持つことから始めましょう。

男性ホルモンを補給しよう

男性の更年期障害の原因は、精巣機能の低下にあります。精巣から分泌される男性ホルモン・テストステロンの量が減少すると、精力減退を筆頭に様々な体調不良が現れ出します。加齢だけでなく疲労やストレスなどもホルモンバランスの乱調に繋がるため、適度な休息をとることが大切です。

そして、男性ホルモンの分泌量を増やすために、タンパク質の豊富な食材を多く献立に盛り込みましょう。滋養強壮成分豊富な精力剤やサプリメントを活用するのも効果的です。自分に合った方法で、体を大切にいたわりましょう。

メンズダイエットでモテ度を上げる