広告

何が得なのかわからない?女性保険を正しく選ぶ3つのポイント

18562031_m保険のパンフレットを見ていると、「女性の為の」とか「女性特有の病気をカバー」といった宣伝文句をよく目にします。私は女性だからこっちの保険の方がいいのかな?と思うこともあるでしょう。しかし、何が違うんだろうと疑問に思うことはないでしょうか?この記事では女性保険を正しく選ぶために知っておきたい3つのポイントをご紹介します。

「女性保険とは何?」を知っておこう

女性保険は、はっきりとした定義が存在するわけではありません。一般的には、通常の病気でも保険料が支払われ、女性特有の病気にかかった時には上乗せされて給付金を受け取ることができる保険のことを指しています。

しかし、注意したいのは、「女性特有の病気」が何なのか、それが各保険会社によって違うということです。あまり深く考えずに加入して、結局給付金の対象外だったというケースを防ぐためには「女性保険の対象になっている病気が何か」をはっきりと理解しておきましょう。

自分の年齢 立場を考えて選ぼう

女性保険は、若いころに加入しておけば一生同じ保険で良いというわけではありません。それは年齢によってリスクが高くなる病気があるからです。

例えば乳がんは40代になるととリスクが高まります。出産費用をカバーする保険であれば、もっと若い頃に加入しておくべき保険といえるでしょう。

さらに、結婚しているか独身であるかによっても必要な保障が変わってきます。独身であれば病気や介護の保障を厚く受けられる保険を選ぶのがポイントです。結婚していれば、夫の保険とのバランスも考えなければいけません。子どもがいる場合、死亡した時の保障なども必要になってくるでしょう

保険はプランを組み合わせてつくろう

通常の保障にプラスして、女性特有の病気になった場合一定額の給付金を受け取れるのが女性保険のメリットです。たとえば、女性特有の病気でも特に医療費が高くなる、「乳がん」や「子宮がん」。手術を終えた後も長期間にわたって通院治療を受ける必要があるため、通常の医療保険だけでは保障が足りない場合があります。こうした病気は通常のがん保険でも対応できますが、それに加えて出産や子宮筋腫の治療もカバーされるならトータルすると保険費用を抑えることができるかもしれません。いくつかの保険プランを組み合わせて、自分の必要な保障を作るのがポイントです。

女性保険は、女性特有の病気にも対応しているために、上手く選ぶと安心した生活を送れます。宣伝だけで選ぶのではなく、他の保険と比較して総合的に判断するようにしましょう。

広告