もう一人じゃない – 多汗症に悩んでいるのは貴方だけではありません!

36184721_m作家デビューと女性歌手との結婚で賑わせたイケメン俳優M嶋氏、デビュー25周年40代とは思えない爽やかさの俳優F山氏など、多汗症とは結びつかないような華やかな芸能人でさえも悩みを抱えているのをご存知でしょうか。多汗症と一口に言っても脇、掌、足裏、頭など部位も人によって様々です。多汗症に悩んでいる人は少なくないのです。まずは多汗症についてよく知り向き合う姿勢を作ることが大切です。

多汗症の種類

脇=「腋窩多汗症(えきかたかんしょう)」 脇はもともと汗の出る汗腺が集中しているため発汗が多い部分です。気候の変化や運動、緊張やストレスなどの刺激に反応しやすく多汗症になりやすい部位です。

掌=「手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)」 掌から過剰な発汗が起きる症状です。緊張や興奮状態、不安などのストレスが要因で手汗をかくことは誰にでもありますが、常に汗をかいてしまい発汗レベルによっては手作業などに支障をきたしてしまうこともあります。

足裏=「足底多汗症(そくていたかんしょう)」 大量の汗をかく部位が足裏で、緊張やストレス以外で常に発汗してしまう症状の人もいます。足裏は靴などで圧迫されるため雑菌が繁殖しやすく匂いにも悩まされます。

自分でできる!多汗症に備える対策

手術で多汗症を克服することや、薬で症状を軽減することはもちろん可能ですが、まずは自分の力でどうにかしたいという方にお勧めしたい対策をご紹介します。

1.脇汗には汗取り専用インナーを着用 女性用キャミソールの脇部分に専用の汗吸収パットが付いているインナーや、男性用の脇汗パット付きTシャツがメジャーな衣料メーカーから市販されています。

2.脇に直貼り!脇汗シートを利用 パットのようにズレたりせず、脇に直貼りできるタイプの専用シートがあります。肌色タイプ、透明色などがありアウターに響かないためシートの存在もわかりません。

3.手汗には即効性のツボ押し 手のひらのちょうど中心、手を握った時に中指が当たる部分が「労宮(ろうきゅう)」というツボです。呼吸を整え5秒間隔で押す、離すを繰り返します。このツボには気持ちをリラックスさせる効果があります。 人差し指と親指の付け根、人差し指寄りにある骨と骨の間には「合谷(ごうこく)」というツボがあり、緩和効果や視力回復、多汗症に効き目があります。親指でゆっくり押すのがいいでしょう。

4.ライフスタイル、食生活を見直す 多汗は交感神経が過度に反応して起こります。それを刺激するようなコーヒーやタバコはやめた方がよいでしょう。辛すぎ、甘すぎ、味が濃すぎる料理もよくありません。健康的な生活を心がけることが改善の一歩です。

5.副交感神経に働きかけるアロマやハーブを利用 寝ている間は交感神経の働きが弱まり、副交感神経の働きが活発になるため、人間は起きている間より発汗が少なくなります。そこでハーブティーアロマの香りで副交感神経を刺激し、リラックス状態にすることでも汗を抑制することができます。ラベンダーやジャスミンなどのアロマは心身のリラックス効果に最適です。

ちなみに足裏の汗には、足湯アロマも効果があります。42度から43度の湯加減で好みの香りのアロマ液をたらしリラックスさせることで汗を抑制できます。

終わりに

多汗症は自分だけだという恥ずかしさや思い込みが、更なるストレスを生んで症状を悪化させてしまうこともあります。「その汗見られてるかも?」「どうしよう着替えがない!」など精神面での不安が発汗にますます刺激を与えてしまう事もあります。そんな時は深呼吸してまずはリラックス、気持ちの余裕も大切なのです。