広告

【食べちゃダメ!】寝るまえは危ないよ~注意する9フード

2 やさい

野菜には各種のビタミンが含まれており、身体の様々な機能を整えて助ける役目を担っています。例えば、ニンジンやホウレンソウなどの多く含まれるビタミンAは、人間の目の働きに大きく関与し、また皮膚の新陳代謝を高めるばかりか、ウィルスなどの侵入から身体を守り免疫力を強化する働きがあるため、健康を保つ効果があります。

また、カボチャや赤ピーマンなどに含まれるビタミンEは、ビタミンE自体が非常に参加されやすい物質であるために、体内のほかの物質よりも先に酸化されることで、身体に対しての抗酸化作用が高く、また女性ホルモンの生成を助けたり末梢血管を広げる作用などがあり、肌の老化を防いで再活性化することで知られています。こうしたことで、身体にとっては肉と同じくなくてはならない食物という事になるのですが、寝る前にこうしたものを取ることも、身体に大きな負荷をかけます。

多くの生野菜は消化に対して時間がかかることが知られており、食物繊維は便秘や肥満の予防、動脈硬化や腸内細菌によるビタミンBの合成など利点はあるものの、就寝前に食べるにはデメリットがあります。特にブロッコリーやキャベツ、玉ねぎ、カリフラワーなどは、水溶性食物繊維が多く含まれているため、消化器系に大きな負担をかける事が知られており、就寝前の摂取は控えるべきでしょう。特に、サラダなど生野菜の多い食べ方は消化に時間がかかる上に、胃腸を冷やして熱を奪うため、その働きをさらに弱めてしまい、就寝後の胃腸の回復を妨げる結果にもなりかねません。 Source: daysoftheyear.com

広告