広告

【食べちゃダメ!】寝るまえは危ないよ~注意する9フード

多くの30代に入った人たちは、急に食の好みが変わったり、今までの味付けが急に濃く感じたり、量を食べることや油モノを食べることが得意では無くなったり、ということをよく言います。これは、身体の中の環境が変わり始め、それに対応するために胃腸が変化していることを示しています。

一方、頭の方は食に対する昔の感覚や好みなどがそのまま記憶として残っているために、ついつい食べ過ぎてしまったり、夜中につい冷蔵庫をあさったり、備蓄していたカップ麺などに手を出してしまうということがあります。頭のなかでは、これまで習慣のように物を食べていた頃の記憶と同時に、最近ものを食べたあとに不快感を覚えたり、特に食べて寝てしまったあとの翌日の胃腸の苦しさなどを思い出し、ここから大きな葛藤が生まれます。人間は睡眠をすることで体を休めますので、疲労が大きいほど睡眠を多くとって身体を休めようとします。

特に「物を食べること」に関しては、人間の生命活動の根本でもあるために、こうした変化に影響を受けやすく、また、毎日のことであるために気が付きにくいことなのですが、しっかりと気を使ってあげることで、身体を守ることにも繋がるのです。

物を消化し吸収する胃腸は、その器官だけで成人男性でおおよそ1キロ強から3キロほどもの重さがあり、体内で大きな部分を占めているこの消化器官は、消化をしている間は常に動き続け疲労していきます。睡眠中は、胃腸も広く回復を目指し本来であれば機能をたいのですが、寝る前にものを食べてしまうと、これができず消化不良になったり、睡眠が浅くなったり、疲労が取れなかったりと、様々な弊害が出てしまいます。こうした事を避け、健康的でしっかりとした睡眠を得るために、「寝る前に食べるべきではないモノ」という観点から食材を見ていきましょう。 52345

広告