広告

「セルライト」って何?どうやって消すの?

cellulite美容情報に興味のある方なら、「セルライト」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。セルライトとは、私たちのお腹・足のつけ根周辺の肌表面に現れる凸凹のことです。果物の皮のように見えるため、英語では「オレンジピールスキン」と呼ばれています。

セルライトができてしまうと、見た目にも好ましくありませんが、血行不良により健康にも支障が出るのが厄介です。冷え性が悪化して外に出るのも億劫になると、肥満を加速させる原因になってしまいます。

たとえ現在自分の体にセルライトがなくても安心はできません。セルライトは、数年のスパンでひそかに私たちの肌内部で作られていく物質です。日本人女性のおよそ8割はセルライト予備軍であると言われており、他人事ではありません。

セルライトができるまでのプロセス

まずは、セルライトが私たちの皮下でどのように作られていくのか、その過程を見ていきましょう。

1.ホルモンバランスの乱調、加齢に伴う代謝の低下などが原因で血液の流れが不正に。老廃物の排出が滞り、体内に不要な分泌物が蓄積していく。

2.皮下の脂肪細胞が周辺の老廃物を取り込み、徐々に巨大化。通常の脂肪と比べ、その大きさが2~3倍になっていく。

3.巨大化した脂肪細胞が血管を圧迫し、さらに血行が悪化。ますます老廃物の蓄積が滞っていく。

4.ついに肥大化した脂肪細胞同士が接触し、一塊になっていく。体の内側から皮膚を圧迫し、表面上にくっきりと凸凹が現れるようになる。

手軽に実践できるセルライト対策

このように、セルライトができてしまう原因は「老廃物の蓄積」にあります。これを防ぐためには、日頃から適度な運動を行って代謝を高めることが大切です。特に、年配の方やデスクワークの多い方は要注意。エクササイズでしっかり脂肪を燃焼させれば、皮膚のたるみも解消できてアンチエージングでシワをなくすのに抜群です!そしてお風呂のあとにはセルライトに効く専用クリームでケアを心がけましょう。

■ウォーキング

普段運動していない方がいきなりジョギングやランニングを始めると、筋肉や関節に負担をかけて怪我をしてしまう恐れがあります。まずは、初心者でも簡単に実践できる「ウォーキング」から始めてみましょう。 歩く時間は1日に1時間程度でOKです。まとまった時間を作るのが難しい方は、朝夕2回に分けて行っても大丈夫です。歩くときは、背筋を伸ばして腕を大きく振ることを心がけ、若干早歩き気味に歩を進めましょう。姿勢を意識しながらウォーキングを続ければ、体のラインが引き締まってシェイプアップに重宝します。

■マッサージ

皮膚の上からもみほぐしてやるだけでもかなりの血行改善効果を得られます。リビングでのストレッチもいいですが、入浴中のマッサージが非常におすすめです。入浴時はお湯の温熱効果で血行が活発化していますし、非常にリラックスできるので自律神経の緊張ほぐしに最適です。 40度前後のぬるま湯に半身浴しながら、つま先から太もものつけ根にかけてじっくりと筋肉をほぐしていきましょう。触った時にゴリゴリするような違和感があれば、そこにセルライトができかけている可能性があります。思いっきり力を入れて、練り潰すようにしっかり刺激を加えましょう。

■生活習慣の改善

意識してエクササイズやマッサージを行うのが苦手という方は、普段の生活習慣を根本から変えてみてはいかがでしょう。自動車やバイクで通勤している方は、歩きで通う。エレベーターやエスカレーターを使わずに階段で移動する。テレビを見ながら腹筋やスクワットを行う、などの工夫を講じれば、時間を有効活用しながら代謝を高めることができます。

また、以下の生活習慣も血行改善に重宝します。ぜひ日頃から心がけてみてください。

□体を締め付けすぎる矯正下着を長時間つけない

□体を冷やしてしまう冷たいものを食べ過ぎない

□ふくらはぎに負担のかかるハイヒールを履かない

□適度に休憩時間を設けて長時間同じ姿勢をとらない

□冷房をかけすぎない

このようにセルライトやしわ、そしてしみなどお肌のコンプレックスは絶対にあきらめない!という気持ちが大事です。ぜひご参考に!

シワやシミを取り除きたい!限定商品はこちら
広告