広告

「からだにいいアルコール」健康ランキングトップ10

10位 ビール

暑い夏などには、冷たいビールのが飲みたくなるものですが、近年ではエールなどの冷たくなくても味わいの深いビールも人気が高く、秋や冬にもシーズンを選ばずに飲む人たちが増えています。ビールの主原料である「麦芽」にはガン細胞の働きを抑え、またビタミンB2も含まれているために、女性にも嬉しいお酒と言えるでしょう。

ビールの醍醐味でもある、あの独特の苦味を生み出す「ホップ」は、古くから薬用ハーブとして知られており、リラックス効果、不眠改善、抗ストレス、などに効果があるとされてきました。近年では、ホップから抽出される主成分「イソフムロン類」には、血管を弛緩させ血糖値の上昇を抑える作用があり、コレステロールや中性脂肪を溜めにくくし、善玉コレステロールを増やす作用なども報告され、高血圧、糖尿病、動脈硬化を改善させる可能性が示されています。

また、女性ホルモン様物質である「フィストロゲン」を含んでおり、ホルモンバランスの乱れから生じる、女性特有の悩み、月経前症候群や肩こり、冷え性、肌の老化などの諸症状の改善、緩和の効果があります。また、利尿作用が高く、泌尿器系からの体内毒素の排出、つまりデトックス効果を高める事もわかっています。 234Source: https://www.belgium-ex.com/tour/item/11182/1545.html

広告